40代の紫外線対策で注意するポイントは?効果的な食べ物について

   

春になってだんだんと暖かくなってきましたね。
実はもうそろそろ紫外線について考えたほうがいい時期なのはご存知でしょうか?

紫外線というと日差しが強い夏のイメージですが、
紫外線はそれ以前から強くなっています。

そろそろ紫外線対策について考えてみてはいかがでしょうか。

特に40代にもなると、紫外線によるダメージが、
そのまま肌トラブルの原因になったりします。

そこで、
・40代で注意すべき紫外線対策
・おすすめの方法
・食べ物
について書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


40代の紫外線対策で注意するべきポイント

当然ですが、紫外線対策は40代でなくても重要です。

ただ、若いときはとくに対策しなくてもなんとかなっていたのが、
40代になると肌トラブルにつながりやすいのは事実。

なので、お肌のためにもしっかりと対策をしたほうがいいでしょう。

肌の状態をキープするためにも、万全の対策をしておいたほうが無難です。

40代の紫外線対策で注意することは、まず「シミ対策」です。
紫外線の刺激でメラニン色素が増え、色素沈着が起こってしまいます。

40代の方の肌はターンオーバーが乱れている場合が多く、
増えてしまったメラニン色素が排出されず沈着してしまいます。

そのため、抗酸化対策も必要になってきます。

もしシミができてしまった場合には、シミ対策の作用がある成分が配合されている製品がありますが、
これは実は肌への刺激が強く、紫外線でダメージをうけている肌に使用するのは少し問題があります。

また、ピーリング効果がある製品もありますが、これも肌への刺激が強いので注意が必要です。

そのため、肌にダメージを受ける前にきちんと紫外線対策が必要になってきます。

紫外線対策のポイントは?

というわけで、40代の方は紫外線の肌への影響はかなり強く、
紫外線対策はより重要になります。

スポンサードリンク

紫外線が夏のイメージですが、夏だけでなく、冬でも紫外線は降り注いています。
また、曇りの日でも紫外線はあります。(目に見えないだけ)

なので、重要になってくるのがUVカットですね。
外出時にはとくに気をつけてください。

まずは普段のケアからですが、
UVカット効果がある化粧水や美容液を使うようにしましょう。

使うものを選ぶ際には、UVカットの効果を示す「PA値」が重要です。
「+」が多いほど高い紫外線対策の効果も強いので、参考にしてみてください。

40代のスキンケアとしては、保湿や抗酸化作用が重要ですが、
紫外線は、メラニン色素や肌の老化や乾燥の原因となりますので、
紫外線対策も日常のスキンケアで十分に行っていきましょう。

紫外線対策にいい食べ物

実は紫外線対策に効果がある食べ物があります。

ここまでは外側の対策でしたが、食べ物は内側からの対策ですね。

ビタミンC

活性酵素を抑える働きがあります。
また、抗酸化作用があるので、肌トラブルのためにも積極的に摂取しましょう。

アセロラ、レモン、キウイなど、野菜や果物に多く含まれます。

ビタミンE

活性酵素が発生した際に、細胞膜を守って酸化を防ぐ働きがあります。

アーモンドなどナッツ類、植物油などに多く含まれます。

β-カロチン

活性酵素が発生した際の代謝により、失われたビタミンAにかわる働きをします。
シソ、にんじん、ほうれん草など、色の濃い緑黄色野菜に多く含まれます。

ビタミンB2

皮膚の新陳代謝を促進します。
レバー、うなぎ、納豆、いくら、たまご、まいたけなどに多く含まれています。

その他

他にも、活性酵素から肌を守る食べ物として、
赤ワインや緑茶などのポリフェノール、海藻などのミネラルがあります。

肌の老化を防ぐためにはこれらの成分は不可欠なので、
意識的に摂取するようにしましょう。

まとめ

ここまで40代の紫外線対策についてまとめてみました。
40代からは特に肌トラブルにつながりやすいので注意が必要ですね。
対策はなるべくお早めに・・。

スポンサードリンク

 - 悩み ,