引越し後にナンバープレートがそのままなのはNG?問題点はある?

引っ越しをすると、いろいろな手続きが必要になりますよね。

必ず必要になるのが住所変更です。

ただ、いろいろある変更の手続きの中でもつい忘れがちになるのが
ナンバープレートの変更
です。

中にはあえてナンバープレートをそのままにしたい、という方もいるようなのですが、
面倒でそのままにしている、という人も多いかと思います。

では、ナンバープレートをそのままにしているとどんな問題点があるのでしょうか?

こんなナンバープレートの変更について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


スポンサーリンク

ナンバープレートを変更しない問題点は?

ナンバープレートの変更は面倒なので、つい忘れがちですよね。
では、ナンバープレートをそのままにしておくとどんな問題があるのでしょうか。

実はこれ、法的に違法になります。
そして、罰金もあります。

道路運送車両法第12条によると、

使用の本拠の位置(=引越しして住所が変わった場合など)などが変更された場合は、
その事象が発生した日から15日以内に変更登録の申請をしなければならない

となっています。

これに違反した場合の罰則ですが、なんと
罰金50万円
です。

え?マジで?という感じがしますが、法律上はそうなっています。

でも、ナンバープレートを変えないで罰金払ったという話は聞いたことがないですよね。
実際、この罰金を払っている人はほぼいません。

理由としては、分からないから、です。

じゃあそのままでも問題ないのかぁ・・・と思うところですが、
ある日突然、罰金を支払え、と言われたら、拒否できる理由がないので、支払う必要が出てきます。

要するに、ナンバープレートはちゃんと変更しておきましょう、ということですね。

他に問題はある?

では、罰金以外の問題はあるのでしょうか。

実は、ほとんど問題になるようなことはありません。

車検も問題なくできますし、保険も問題なく契約できます。

自動車税も支払えるので、税金で問題になることもありません。

・・・と、こんな背景があるから、ナンバープレートの変更はさらに面倒になっちゃうんですよね。

ナンバープレートの住所変更に必要な手続きは?

車のナンバープレートの変更ですが、実際には車を登録している住所を変更することになります。
その結果、ナンバープレートも変わるということになります。

この車の住所変更ですが、
・自分で行う方法
・ディーラーなどに依頼する方法
があります。

まずおすすめなのは、ディーラーなどにお願いすること。

スポンサードリンク

当然お金がかかりますが、理由としては、
自分でやるとめっちゃ面倒だから
これにつきます。

私も実際にやったことがあるのですが、ほんと面倒です。
しかも時間がかかる。

誰かに頼めるのなら、絶対に頼みましょう。

ただ、お金がかかります。
費用としては、1〜2万円程度ぐらいが相場です。
(希望のナンバープレートにする、となると費用が追加になります)

でもお金かかるし、自分でやる・・・というのなら、以下の準備が必要になります。

自分でナンバープレートの住所変更をする場合の手続き

まず、以下の書類が必要になります。

・住民票(発行3ヵ月以内のもの)
・委任状(所有者の認印の押印があるもの)
・車庫証明書(発行日から1ヵ月以内のもの)
・車検証
・手数料納付書
・自動車税・自動車所得税申告書
・申請書

結構いっぱいありますね。
車庫証明書は、当然ですが、新しい住所で使う駐車場などの車庫証明になります。
(マンションや契約駐車場の場合、オーナーに発行を依頼することになります)
(車庫証明書の発行は、場所によって様々で1万円以上かかる場合もあります)

この書類をすべて準備した上で、新しい住所の所轄の陸運局に行って手続きを行います。

所轄の陸運局ってどこ?
となりますが、ナンバーの上にある表記のある場所にあります。
(品川ナンバーなら品川区にあります)

ただ、場所によっては、陸運局がかなり遠い場所にあることもあります。

あとは陸運局で手続きを行うのですが、かなり待たされた後、
ナンバープレートの取り外しと取り付けは自分で行う必要があります。

陸運局に実際に行ってみると分かると思いますが、
ディーラーの人か自動車整備工場の人しかいません・・・。

ほとんどの人がディーラーなどに依頼しているということでしょうね。。

車の住所変更をしたらETCはどうなる?

車の住所変更をした結果、ナンバープレートが新しくなった場合、
実はETCの設定もし直す必要があります。

これは以外と忘れがちで、そのままにしておくと、ETCが使えなくなります。

ETCには車のナンバー情報などが登録されているので、
この情報も変更しないといけないんですね。

そのため、ETCの再セットアップが必要になります。
これはETCを販売している車関係のお店に行けばセットアップできます。

当然ですが、これにも費用がかかります・・・。

まとめ

ナンバープレートの住所変更について紹介しました。

手続きは自分でやるのはかなり面倒なので、
ディーラーに依頼するのがいいのですが、お金がかかります。
ETCの変更も合わせると結構な費用になるので、
ナンバープレートをそのままにする、という気持ちが分からないでもないですね・・・。

スポンサードリンク