モロヘイヤの栄養と効能は?美味しい食べ方について

   

最近よく見るようになった「モロヘイヤ」。

このモロヘイヤは夏が旬の野菜です。
モロヘイヤというと栄養価が高い野菜、というイメージですが、
実際のところどうなのでしょうか?

また、茹でるとネバネバするので、調理方法もちょっと困りますね。

そこで、モロヘイヤの栄養と効能
美味しい食べ方について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


モロヘイヤの栄養分と効能は?

モロヘイヤは栄養価の高い野菜です。
野菜の王様とも呼ばれています。

ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。

ビタミンなどが含まれる野菜は多いのですが、
モロヘイヤが特徴的なのはその量。

まず「カロテン」の含有量が野菜の中では一番多くなっています。
カロテンには細胞の老化を遅らせたり、血管や粘膜を丈夫にする働きがあります。

次に「カルシウム」です。
モロヘイヤはカルシウムも多く含まれています。

そして「ビタミンC」ですね。
モロヘイヤには「鉄分」も多く含まれているのですが、
ビタミンCで鉄分の吸収を助ける働きがあるので、
貧血気味の方や妊婦さんなどには最適です。

また、食物繊維も多いので、便秘などには効果的ですね。

スポンサードリンク

そして一番特徴的なのが「ムチン」です。
モロヘイヤのネバネバ成分ですね。

オクラや里芋と同じ成分です。

ムチンは、糖の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑える働きがあります。
そのため糖尿病などの予防に効果があります。
また、胃壁を保護してくれるので、消化不良や食欲不振にもいいですね。

美味しい食べ方について

モロヘイヤは栄養価が高いので、いっぱい食べたいところなのですが、
あのネバネバがあるので、調理法に困ったりします。

そこでネバネバが気にならない食べ方について紹介します。

まずは「天ぷら」です。
天ぷらにするとネバネバ感があまり出ません。
あまりたくさん食べられないのが欠点ですが・・。

次に「スープ」です。
これは普通のスープにモロヘイヤを細かく刻んだものを入れる、
という簡単なものですが、
あまりネバネバが気になりません。

モロヘイヤのネバネバを出さない方法としては、
枝のまま熱湯にさっといれ、数秒で取り出して、
すぐ冷水で冷やすといいでしょう。

刻んだものを納豆に入れたり、
ミキサーにかけて団子などの生地に混ぜる、
という食べ方もあるようです。

まとめ

普通に茹でて食べるのもいいのですが、
やっぱり飽きてきてしまうので、
ちょっと工夫するだけで美味しく食べられますよ。

スポンサードリンク

 - 食べ物 , , ,