お風呂の石灰化した白い汚れを除去する方法は?おすすめ洗剤など

掃除

お風呂の掃除は毎日やっているはずなのに、
気がついたら石灰化したような白い汚れがついて取れない、
ということってありますよね。

お風呂の浴槽の色によっては、かなり目立ってしまいます。

そこで、この石灰化した白い汚れを取る方法と予防法について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


こするのはNG?

この白い汚れですが、まず思いつくのはこすって落とすこと。

実際に激落ちくんなどのメラミンスポンジでこすると落ちる汚れもあります。
また、鏡のウロコ取り用のダイヤモンドのスポンジでも落ちます。

ただ、この方法の欠点は、キズをつけてしまうことです。

特にダイヤモンドは硬い素材なので、強くこすると確実にキズがついてしまいます。

こすって落とすのは最終手段にしたほうがいいでしょう。

こするにしても、最初はメラミンスポンジなどキズがつきにくいものから試すといいでしょう。

スポンサードリンク

石灰化汚れのおすすめ洗剤

この石灰化汚れにおすすめな洗剤として
「カブーン(KABOON)」というものがあります。

海外製の洗剤なのですが、最近はなぜか国内では販売していないようで、
入手はかなり難しくなっています。
(ネット通販などでも取り扱いがありません)

その他では、石灰化した汚れは「アルカリ性」なので、
酸性の洗剤を使うと落ちやすくなります。

酸性の洗剤としては、サンポールなどの強力なものもありますが、
お風呂なのでまずはクエン酸系の洗剤を使ってみるといいでしょう。

また、台所用の水垢汚れと加湿器などの汚れを落とすものと原理は同じなので、
こういった洗剤を使うのもいいでしょう。

石灰化汚れを予防する方法

この石灰化したような白い汚れは、普段から対策することで予防することができます。

この白い汚れは、水滴が蒸発して、水のミネラル分が残り凝縮したものです。
一度出来ると、水や汚れが引っかかりやすくなるので、さらに汚れがつきやすくなってしまいます。

ということは、この原因となる水滴を拭き取ると予防できます。

毎日やらないといけないので面倒ですが、予防法としてはこれが確実です。

毎日できなくても、初期段階であれば、まだ汚れを落としやすいので、
2〜3日に1度ぐらいは水滴を拭き取るようにしましょう。

長期間放置すると、汚れはさらに頑固になってきます。

普段のお風呂掃除と合わせて、水滴も拭き取るようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

コメント