腰痛に効果がある簡単ストレッチは?悪化する危険性も?

   

実は腰痛持ちでして・・・日によってはわりとヒドイ日も。

なので、腰痛対策はいろいろと試しているのですが、
運動とかだとなかなか続かないんですよね。

そこで、比較的続けやすい簡単にできるストレッチを紹介します。

効果は人によって違うようですが、
簡単なので試しやすいと思いますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


イスでできる腰痛ストレッチ

椅子を使ってできるストレッチなので、
仕事の合間などにもできますよ。

このストレッチは簡単に言うと
お尻の筋肉を伸ばすストレッチ
です。

お尻って腰と関係ないのでは?と思いそうですが、
お尻の筋肉が硬くなると、骨盤まわりも硬くなってしまい、
腰の筋肉に負担がかかり腰痛になってしまいます。

では、方法です。
外側と内側で2種類あります。

お尻の外側のストレッチ

1.まず足を組みます
2.椅子に乗せている方の足を両手で抱え、組んでいる方の足の逆側に引っ張ります
3.足を組み替えて同様に引っ張ります

だいたい1回20秒ぐらい引っ張ります。

お尻の内側のストレッチ

1.足を組まずに、片足をそのまま椅子に乗せる
2.胸を張り椅子に乗せた足を胸につけるように両手で引っ張ります
3.反対の足も同様に引っ張ります

こちらも20秒ずつ行います。

お尻の筋肉が伸びている感じがすれば効いています。
人によっては少し痛いかもしれません。

スポンサードリンク

注意点としては、
激痛がする場合はやめてください。
また、力いっぱいやると筋肉を痛めてしまうので、
少しずつ引っ張るようにします。

椅子が小さかったりして、足を椅子に乗せられない場合は、
乗せなくても問題ありません。

寝る前にできる腰痛ストレッチ

こちらは寝る前にできるストレッチです。

ベッドかふとんで寝た状態できます。

1.仰向けに寝てヒザを立てます
2.両足をくっつけて、左右に揺らします
3.少しずつ揺らす幅を広くしていきます
4.止めるときは足を中央に戻して、体を横向きにしてから起きます

ヒザと立てて左右に揺らすだけなので、
かなり簡単ですね。

これをだいたい30秒ぐらい続けます。

このストレッチがどういう効果があるかというと、
筋肉の歪みを調整してくれます。

この筋肉の歪みが腰痛の原因になっています。

ポイントとしては、
足の振り幅はあまり大きくせず、
少しずつ大きくする、ということ。

激しくすると逆に腰を痛めてしまいます。

ストレッチで腰痛が悪化することも?

こんなストレッチですが、万能というわけではありません。

人によっては逆に腰痛を悪化させてしまうこともあります。

なので、やってみて違和感があればすぐにやめてください。
(痛気持ちいぐらいがちょうどいい目安です)

最初はゆっくり少しずつやってみてください。

また、ストレッチをしていて気持いいので
ずっとやってしまう人もいるかと思いますが、
回数や秒数に関してもやりすぎ注意です。

なので、ほどほどにしてみてください。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,