ノパール(食用サボテン)の栄養価は?味と食べ方について

   

サボテンというと、観賞用のものを思い浮かべると思いますが、
食用のサボテンもあります。

メキシコの人はサボテンを食べているそうですが、
日本でも食用のサボテンが販売されています。

ノパール」という名前なのですが、
これは食用ウチワサボテンのことです。

日本では、愛知県の春日井市で栽培されています。

このノパールが、いったいどんな味でどうやって食べるのか、
栄養価はどうなのかについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


ノパールの栄養と効能について

ノパールには多くの栄養分が含まれていますが、
一番多いのは繊維質です。

他には、17種類のアミノ酸、ビタミンC、B2、B3(ナイアシン)、ミネラルなども含まれています。

期待できる効果としては、
・糖尿病の予防
血糖値を下げて安定させる
・心臓病の予防
植物性たんぱく質が身体組織から水分を吸収して血管に送るため、
血行を良くし、悪玉コレステロールから善玉コレステロールへ変える
・ダイエット
リグニンという不溶性の食物繊維が多いため、食欲を抑え、消化促進、整腸作用がある
・胃潰瘍の予防
ネバネバの成分であるムコ多糖体と食物繊維などが、胃酸過多を防ぎ、胃の粘膜を保護

スポンサードリンク

また、多くのアミノ酸、ビタミン、ミネラルが、
神経組織のバランスを整えてくれるそうです。

ノパールの食べ方は?

ノパールの食べ方ですが、サボテンなので、調理する前には、
まず表面のとげを取り除きます。

販売されているものは、太いとげは取り除いてありますが、
細かいとげは残っています。

とげを取った後の表皮と中身の白い部分が食用となります。

また、とげが少ない品種もあるようです。

調理法としては、
生のまま、茹でる、焼く、炒める
といった方法があります。

生のままの場合はサラダやマリネで、
焼く場合はステーキ風にします。

また、野菜と一緒に炒め物にしても美味しく食べられます。

また、凍らせてからスムージーにするという食べ方もあります。

ノパールはどんな味?

さて、ノパールがどんな味なのかというと、
実際にはかなり淡白な味で、
苦味やクセはなく、少し酸味がある程度です。

生のまま食べると、サクサクした食感が楽しめます。

味付次第でどんな味にでもなるともいえますね。

スポンサードリンク

 - 食べ物 ,