エアコンが臭い原因は室外機にある?対処法と予防方法について

夏が近づくと、もうそろそろエアコンが必須になる季節になります。

そこで久しぶりにエアコンをつけてみたら、なんか変な臭いがする・・・
ということってありますよね。

この臭いはいったい何なのか、そして、臭いを防ぐ方法などについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


スポンサーリンク

エアコンが臭う原因は?

エアコンが臭うといっても、実はいくつか原因があります。

では、考えられる原因を1つずつ紹介します。

カビが生えている

エアコンの臭いで、まず考えられるのが「カビ」です。

空気中には、目に見えない小さいカビの胞子があるのですが、
そのカビの胞子がエアコンの中に吸い込まれ、内部にある水分で繁殖します。

エアコンの内部にカビが発生していると、冷房などを使っているときに、カビ臭くなります。

この時、カビの胞子を吸っていることになるので、健康面からもよくありません。

エアコン内部の汚れ

エアコンの内部は使えば使うほど汚れます。
そのため、エアコン内部はカビだけでなく、いろんな汚れがついている可能性があります。

エアコンの周囲の空気を吸い込んでいますので、吸い込んだ空気が汚れていれば、
それだけエアコンの内部も汚れることになります。

特に普段タバコを吸う人の場合は、エアコンの内部にタバコの煙も入っていることになるので、
エアコン内部が汚れている可能性があります。

また、ペットを飼っている場合でも、ペットの臭いが原因となることもあります。

スポンサードリンク

室外機

エアコンは、屋外の空気を取り込んで、室内に空気を循環させます。
そのため、エアコンの室外機には、臭いがつかないように触媒が内蔵されています。

ただ、室外機の近くの空気が車の排気ガスやドブなどで臭いがきつい場合は、
その影響で部屋が臭くなる場合があります。

また、室外機の近くに臭いを出す原因がないかどうかも調べてみましょう。

室外機の周囲を掃除するのもいいでしょう。

エアコンの臭いの対処法

エアコンの臭い対策としては、まず掃除する必要があります。

エアコンの内部にカビが生えているのなら、そのカビやを取り除かないと、
内部は湿度が高いのでカビが繁殖しやすい環境ですので、さらにカビが増えてしまいます。

また、エアコンの内部が汚れている可能性がありますので、内部は掃除する必要があるでしょう。

エアコンの内部の掃除は難しいので、業者に依頼したほうがいいでしょう。

エアコンの掃除をした後は、エアコンの送風機能をうまく使って、
エアコン内部をできるだけ乾燥させるようにします。

エアコン内部の湿度を下げることでカビを予防できます。

また、エアコンの汚れを防ぐためにも、定期的に掃除をしたほうがいいでしょう。
汚れがたまってからの掃除は大変ですので、こまめに掃除したほうが汚れにくくなります。

まとめ

エアコンの臭いにはいろいろ原因がありますが、
一番厄介なのがカビです。

カビは発生しやすいですし、健康面にもよくないので、臭いがするのなら、まず掃除してください。

スポンサードリンク